▼CSS/レイアウト(全体)▼

▼CSS/書体・フォントサイズ▼

▼CSS/レイアウト(Header)▼

▼CSS/レイアウト(Sub)▼

▼CSS/レイアウト(Slide)▼

▼CSS/レイアウト(Container)▼

▼CSS/レイアウト(Footer)▼

▼CSS/カルーセルスライドショー▼

▼CSS/ガジェット処理▼

▼CSS/パンクズリスト▼

▼CSS/要約表示▼

▼CSS/目次▼

▼CSS/SNSリスト▼

▼CSS/水平線▼

▼CSS/デザイン・カラー▼

/**[Main-Coloor][#E83828][rgb(232,56,40)]**/ /**[Sub-Coloor][#FF56E1D][rgb(245,110,29,0)]**/ /**[Sub-Coloor][#FF521F][rgba(255,82,31,1)]**/

▼CSS/Googleフォント・アイコン(カスタマイズ)▼

▼JS/Googleカスタム検索▼

▼CSS/トップページ以外▼

▼HTML/ロゴ▼

▼HTML/SNSリスト▼

8/28/2021公開

注目ポイント!!▼西本竜也 vs 関幸一郎【2021.09.05 KPKB vol.4】

◆各試合の注目ポイントを順次アップしていきます。YOUTUBEの動画と一緒にお楽しみください。

《 注目ポイント 》

空手貴公子対熊本の荒獅子対決!

両者の過去の対戦では西本が華麗な足技で関を1R KOで葬った。

西本は九州では知らない人はいない凄腕空手王者だ。

数々の空手大会で優勝しタイトルを総ナメにした若き貴公子。

プロキックに参戦後も輝かしい成績を残すも今年2月の初代KPKBライト級王座決定戦で貞松宏隆に判定負け。

西本は弱点を克服し、得意の蹴り技に更に磨きをかけて今回の再起戦に挑む。

対する関も今年2月に初代KPKBスーパーライト級王座決定戦で康弘に敗れて、一度は引退も示唆しながらも自身の悔しさからか、「チャンピオンになりたい。応援してくれる人達がいる限り出来る限り挑戦し続ける」と現役続行を決意して今年5月のKPKB vol.3にも連続参戦。

vol.3では、過去の対戦で敗れた、アンデット蛾ゾンビに激闘の末リベンジを果たした。

今大会でも過去に敗れた西本とのリベンジマッチ。

この一戦を勝利して現王者・康弘の前で再戦要求出来るか?両者の熱い対決に乞うご期待!!

○━━━━━━━━━━━━━━━○

▼HTML/シェアしてね▼


↓URLをコピペしてシェアしてね↓

▼HTML/メニューボタン(フッター用)▼